い主婦の家計やりくり術

-家づくりの成功と失敗を分ける〇〇〇〇〇-

「家なんて建てなければ良かった」

3年後のあなたが後悔しています!!!

​人生で一番高いのは「家」ではありません。

こんにちは! 多田工房の家づくりアドバイザー多田繁喜(ただしげき)です。

今回、家づくりを検討している方にどうしても知っていただきたいことがあります。

その知っておいて欲しいこととは・・・

今、家づくりで後悔している人が後を絶たないという事実です。

なぜ、家づくりで後悔をしてしまうのか!?と言うと、家づくりで重要視すべきポイントを間違えてしまっているからなのです。

家作りを検討している人のほとんどが、人生で一番高い買い物は「家」だと思っています。しかし、人生で一番高い買い物は「家」ではないのです。

その答えは、「住宅ローン」なのです。なぜなら、例えば、3,000万の家を3,000万で買える人は現金で購入される方だけです。ほとんどの人が住宅ローンを組みます。ローンの組み方によっては、3,000万の家が5,000万になる人、あるいは6,000万になる人、場合によってはそれ以上になってしまう人が存在するからなのです。

例えば、3,000万円の住宅を金利1.2%(全期間固定)35年のローンを組むと、その返済総額は、36,754,620円になります。

仮に同じケースで金利がたった1%上昇しただけで、その返済総額は43,044,120円になります。


その返済総額の差は、何と6,289,500円にもなるのです。


このことを踏まえれば、人生で一番高い買い物は「家」ではなく、「住宅ローン」であることがご理解いただけると思います。

結論、家作りで重要視すべきポイントは、きちんとした資金計画を立て、家作りで後悔しないために“あなたに合った最良な住宅ローン”を組むことなのです。

もし、「住宅ローンで失敗したくない」とお考えのあなたは、以下の問い合わせフォームに今すぐアクセスしてください。必ずあなたの家作りに役立つ情報をお届けします。

●賢い主婦ならみんなやっている家計のやりくり
住宅屋さんがなぜ家計の話をするの?と、思うかもしれませんが、住宅ローンを利用して家づくりをする場合、毎月○万円を25年や35年かけて返済していきます。
この毎月の返済は、普段の家計に大きく影響してきますので、やりくりひとつでワンランク上の家が建てられたり、無理だと思っていたマイホームが可能になったりするかもしれません。
意外なところに潜む毎月のムダな出費を減らすと、ウチは貧乏だからマイホームなんて無理!ではなくなります。
ここでちょっと、家計のやりくりについて考えてみましょう!
●家計のやりくりと言っても全て節約ではありません
「来月からパパのお小遣いは半分!」とか、せっかく気に入って買ったマイカーを安い車に買い替え!みたいなお話しではありませんので、ご安心ください。あなたの家計で見直したいポイントを2つだけあげてみます。
①お車を買ったときローンを組んでいたとしたら、どんなローンでしたか?
  金利は何%でしたか?
②もしものための生命保険、毎月の保険料はいくらでしょうか?住宅ローンを利用するときは、見直し必須です。
●マイホームの頭金のために共稼ぎ。これって賢い?
家づくりをするには住宅ローンを使う。
住宅ローンには頭金が必要。
3年掛けて夫婦共稼ぎで頭金を貯めてそれから家を建てよう。
このように考えて、日々がんばっているご家庭は多いと思います。でもその努力が無駄な事だったとしたら、悲しくないですか?
現在は、超低金利時代と言われるほど金利は低いです。そんな中、3年後に金利が1%だけ上がったとしたら、3年掛けて共稼ぎをして頭金を貯める事は、無駄になると考えられます。

家づくりのご相談は多田工房までお気軽にお問合せください

〒029-2205 岩手県陸前高田市高田町字太田1-1

定休日:第2、第4土曜日・日曜日  

営業時間:8:30~17:30

lineit_display_btn_03.png
  • Facebook
  • Instagram
lineit_display_btn_03.png