事なお金の話

-成功と失敗を分けるのは「資金計画」-

「人生で一番高い買い物」は何だと思いますか?

多くの方が「家」と答えるのではないでしょうか? しかし、実際は「家」ではなく、「住宅ローン」なのです。注文住宅を一括キャッシュで買ってしまえる方なら問題ありませんが、大部分の方は住宅ローンを組んで家を建てます。この住宅ローンについて事前に、そして将来を見据えて真剣に考えておかないと、後々後悔することになるかもしれません。

住宅ローンの落とし穴

住宅ローンは、組み方によって最終的に支払う金額が大きく変わります。土地と家で3,000万円だったはずの物件も、ローンの組み方によっては5,000万円、6,000万円になってしまうこともあるかもしれません。

​家づくりで重要視すべきポイントは、無理なく返済できる資金計画を立て、自分たちに合った適切な住宅ローンを組むことです。陸前高田市の工務店「多田工房」では、資金計画に関するご相談にもお応えしています。

フェアプライスでサポートします

家づくりは、非常に高額になることもあって明確な予算などはわかりづらいものです。そして、他社やハウスメーカーが家づくりの価格を最初に言うことはありません。多田工房では、最初に資金について、しっかりお話をすることから始めています。

常に心がけているのは、適正価格のご提案をすること。いつでも正直な「フェアプライス」で皆様をサポートします。資金計画についてお悩みのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

一番大事な資金計画

家づくりで一番大事な事は、資金計画だ!と言い切れるほど、あなたの家づくり成功のカギを握る最重要ポイントです。

この資金計画を家づくりの初期段階でしっかり行わないと、建設中に資金ショートを起こしたり、ローンの返済に追われゆとりのない生活になってしまったり、幸せになるつもりの家づくりが、逆に不幸への道をたどる事にもなりかねません。

これまで家づくりをしてきた方から、「残念ながらウチは家づくりを失敗したんだ・・・」というお話を聞くと、失敗した原因は明確にわかるものです。

例をあげると、まず大手ハウスメーカーさんの展示場へ足を運び見学しました。リビングは吹抜けで、装備は豪華で、お風呂は広く、それは夢に出てきそうな素敵な家だったそうです。

応対してくれた言葉巧みな営業マンに口説かれて、後日契約。そして慌てて銀行の融資を申し込み、土地の売買契約をし・・・・・・・・・数か月後、憧れだったマイホームを手にしましたが、そこに待っていたのは幸せな生活ではなく、普段の生活を圧迫させる住宅ローンだったと。

こんなケースは、意外と多くあるものです。

家を建てようかと考える人は、まず住宅展示場や見学会へ足を運ぶ傾向にあります。それ自体は間違いではありません。むしろ正しいと言えます。では何が間違っていたのか?それは、資金計画をせずに、夢のような素敵な展示場の家という武器を持った営業マンに押し切られて契約書にサインをしてしまった。これはもう、スタートの時点から失敗してしまっています。

あなたの幸せを願って家づくりをする多田工房では、こんな営業はしません。(もっとも言葉巧みな営業マンはウチには居ませんので 笑)

 

では、ここから本題に入ります。

 

幸せの家づくり研究所 多田工房がオススメする資金計画をお伝えします。

 

①家づくりの総予算を考える

自己資金+借入可能額+補助金など+他=総予算と考えられます。

借入可能額は銀行から事前審査を受けるとわかります。

もらえる補助金は、多田工房でお調べできます。

 

②総予算額から、各予算を振り分ける

 総予算-土地代-家の建築費-登記費用など-融資に関する諸費用-家具家電など購入費-予備費

 この総予算からの引き算の答えがマイナスにならなければOKです。

 

銀行を選ぶ・住宅ローンを選ぶ

全国に500近くある銀行からあなたにとって良い銀行を選びます。

全国に5,000種類ある住宅ローンから、あなたにとって良いローンを選びます。

 

このような資金計画を最初にしておかないと、家づくりは成功しないと多田工房では考えます。この中で、特に③の住宅ローンが重要です。ローンと言えば、金利が一番気になる部分ですが、実は金利以外にも、手数料、火災保険、団体信用生命保険や、返済方法などチェックするポイントが多くあります。しかし、この説明だけでは内容が漠然としていて、なかなかあなたに伝わらないと思います。

そのため、無料で開催している「幸せの家づくりセミナー」等を通して、あなたにわかりやすくお伝えしたいと考えております。

家づくりを始める前に知ってほしい。家づくりの​先輩から学ぶ

家づくりで失敗したことBEST3

​■多くの方が家を建てて失敗したと感じています!

​経験した先輩だからわかる家づくりにおける失敗とは?

 1位:想定外の追加変更金額を請求された!

通常、建築業者に住宅の建築を依頼する際、請負契約書を交わします。

この請負契約から建物の完成引渡しまでの間に追加工事や変更工事が発生しなければ、契約時の金額で清算されるのですが、殆どの場合に追加工事や変更工事が発生するという現実があります。

1位に挙げられる追加・変更工事をめぐっては、こんな実話があります。

 

ある業者に家の建築を依頼したAさんは、標準仕様で50万円のキッチンが装備されるところを、70万円のキッチンに変更したいと業者に伝えました。

Aさんは、50万円の物が70万円の物に変わるのだから、変更金額はその差額の20万円だと思っていたそうです。ところが完成引渡し時に業者から請求された金額は、50万円にさらに70万円が加わった120万円だったそうです。なんで120万円の請求なのかと業者に確認したら、会社の規定がそうなっているので120万円の請求になります。と、全く交渉の余地が無かったので、やむを得ず想定外の120万円を支払ったそうです。50万円の装備に追加で70万円の装備をプラスしたのならいいのでしょうが、50万円の装備は外したのに、その分まで支払うというのは理不尽な話ですよね・・・。

家を建てて失敗したと思った事BEST3(建築業者とのやりとり偏)

2位:勝手に工事を進められて、イメージと違う家を引き渡された!

「ウチは、どんな家でも建てられますからどんどん要望を言ってみてください!」という工務店に工事を依頼したBさんは、間取りやデザインや装備などなど要望を工務店に伝えて、工事は順調に進み・・・数か月後、待ちに待った引渡しを受けました。が、しかし、伝えたはずの要望は殆ど伝わっておらず、請求金額は、契約時の金額を大幅に超えており、納得のいかないBさんは、工務店側と口論にまで発展してしまい、後味の悪い家づくりをしてしまったと悔やんでおります。まるでお品書きの無いお店で食事をして、お高い請求をされたようなものです。お品書きのない工務店の怖さとも言えますね。こういった失敗が2位に挙げられます。

3位:引渡し後にメンテナンスを業者に依頼しても対応してくれない!

3位のアフターメンテナンス対応の悪さもよく耳にする失敗の実例です。

工事をして引き渡して、お金を貰ったら、ハイ、さようなら。こんな業者は地元の工務店ではなく、遠方に拠点を構える業者さんに多く見られるようです。多田工房では、引渡し後に不具合が起きないように特に気を配って工事をするのですが、正直に言いますと、全く不具合の起きない家づくりは出来ていません。ですので、お引渡しをしたお客様には、定期的にアフターメンテナンスのご案内をして、不具合の報告を受けたら、真摯に対応するよう心掛けています。

多田工房の家づくりのコンセプト

失敗だらけの家づくりをお客様にしてほしくないと考える

「多田工房の家づくりのコンセプト紹介します。

 

①明朗会計である事を宣言します!

多田工房の自由設計注文住宅の「グランデイズ」は、2つのグレードでの展開となっており、価格や装備などを明確に表示しています。50万円相当の標準仕様キッチンを70万円のキッチンに変更した場合、追加される金額は差額の20万円ですので安心して任せて頂けます。

②お客様のイメージを第一に施工します!

多田工房では、お客様と家づくりの打ち合わせをする際に、CGソフトを使ってお客様がイメージする家の完成形をリアルにご提案させて頂いており好評を得ております。さらに、標準仕様を明確に設定する事により、様々な仕様をイメージしやすくなっております。

 

 

③アフターサービスはお任せください!

地元企業である多田工房は、いつでも地元のお客様の傍に居ますので、お住まいの気になる事がございましたら遠慮なさらず、いつでも声を掛けてください。確実に対応させていただきます。

家づくりのご相談は多田工房までお気軽にお問合せください

〒029-2205 岩手県陸前高田市高田町字太田1-1

定休日:第2、第4土曜日・日曜日  

営業時間:8:30~17:30

lineit_display_btn_03.png
  • Facebook
  • Instagram
lineit_display_btn_03.png